「ShimaQの今日この頃」は2020年からこちらに引っ越しました。以前のブログへはこちらをクリック

ShimaQの勝手にランキング~生き物編

前回の渾身の記事「My Favorite Latin Jazz #1」アップして1週間で閲覧数一桁!(ノ∇≦、)ノ彡☆ キャハハ!!バンバンッ!!
(2週間近く経った今、11(__;))
いいんです(^○^)
懲りずに、皆様の興味の無さそうなやつを続けます。

それが、コレ!(^◇^;)

子供の頃は特に生き物が好き!ってこともなかったんだけど、気が付いたら生き物好きになってましたね。

と言いつつ、常識的な花や木の名前はよくわかってないし、鳥や魚も違いがよくわかってない。
が、ある特別な種には妙に愛着持ってたり...
そんな生き物を紹介。

10位 ヤモリ(トカゲ、ワニ類)

爬虫類はあんまり好きではないんですが(特にヘビ)、トカゲの類は、子供の頃から嫌いではなかった気が。

今でも、家の周りにいるカナヘビとか、かわゆいなんて思っちまいやす。
蛇は、そのトカゲから足を取っただけなんだけど大の苦手なのは何故?
上の写真は、先日我が家の中に現れたヤモリ君。
家を守ってくれてると言うヤモリ君。大事にしなきゃ!と思ったら、妙に可愛いと思えてきて...

ガラスの外にくっ付いてるヤモリ君もかわゆい。

と思い始めたら、アマゾンとかのワニ、イグアナ、砂漠のトカゲとかもお気に入りになってきて。
ワニって、凶暴で強いってイメージだけど、1匹だと、大勢のちょっとデカイ草食動物なんかに囲まれると異常に弱々しいところが憎めない(笑)

9位 ミヤマクワガタ

田舎の山に近いところで育ちましたんで、小学生の頃は虫取りなんぞして、遊びました。

中でも、甲虫類を捕まえるのに熱中するのは定番。
朝早く起きて、近くの山の樹液がたんまり出てる樹のところへ通ったもんぢゃ。

で、みんな競って、捕まえたカブトムシ、クワガタのオスを友達に見せ合いっこすると言う、今の子供達にはなかなかできない遊び?
ウチ、山に近いったって、そんな山岳地帯でもないので、クワガタと言えばノコギリクワガタ。
まずいないミヤマクワガタなんか持ってるやつは(どこで捕まえたんだか)、ヒーロー。

ところが、札幌で、デパートの「カブトムシ掴み取り」イベントのバイトした時、地元の奴らが言うには、「ミヤマなんかそこら中にいるのに、(売ってる)ノコギリよりミヤマが高いなんて信じられない」と言うのを聞いて、なんて羨ましい!と思ったもんです。

最近になって思い出して調べたら、山岳地帯や北国に生息する、とのこと。

ミヤマはカッコいいから好き!と思ってたのも、実は珍しいから好き!だったのかも?

8位 犬

犬派でした、実はσ(^◇^;)
飼い主に忠実、ってところが人気かもしれません。
その点で言えば、飼い主の自己満要素もなきにしもあらず....
飼い主大好き!ってワンコは、他人の犬でもかわゆい!と思うんですが、TVとかでよくやってるアレはいけません。
餌やおやつを前に「待て!」を○分間って、競争させるヤツ。
ヨダレ垂らして、可哀相だよね、ワンコ。
虐めぢゃん!って思っちゃう。
あぁゆぅの見てると、部下や後輩に理不尽なコトさせてる部活や会社を連想しちゃうんだよね~~~。
 
と、その辺を差し引いても、やっぱりこの順位にいるのは....

特に小型犬だけど、あの歩き方が好きなんだよね。
4本の足をリズミカルにピョコピョコと...
この世で動く物で、あれほど可愛い物はないかも。
街中で、公園で、散歩中の、ピョコピョコ歩きを見ると、心がホッ!
多分、何時間でも見ていられるかも。

7位 猫

そう、犬派だったボクが、何故に猫派に?
過去のブログを見ると、2018年3月時点では「犬派」だったようだ。

ホントは、犬が飼いたかった?
そうなんです。
でも、時間的に不規則な仕事なので、毎日のお散歩が難しい。
ってな訳が、猫を飼うことになった理由の半分。
もう半分は、その性格かな?
気分屋でマイペース、飼い主に媚びない。正に自由♪
サラリーマン人生を挫折した自分に似てる?

猫らよ、こんなオレとマイペース対決ぢゃ!
連戦連敗ですが(__;)

6位 ペンギン

何とも、変な鳥ですよね。

鳥なのに飛べない。
足を曲げて無理な姿勢で立ってるモンだから、歩くのも辛そう。
水中ではあんなに速く泳げるのに、わざわざ歩くの苦手な陸に上がってる。

でも、その生態は微笑ましい。特に子育てに関しては。
極寒の中、子ペンギンを股の中に押し込んで寒さから守ってる姿は流石です。
それに限らず、卵からふ化、子育てまで、両親はこれでもかと言うほど自分を犠牲にして、文字通り命がけで子育てするんですよね。
ホント、感動モノです。
そんな生き物のお手本の様な彼らに、もうちょっと楽に歩けたり、空を飛べるくらいしてあげたらいいのに...

5位 恐竜

今は亡き、動物界のスーパースター達。

まぁ、実際に生きてる恐竜目の前にしたら、震え上がるだろうけどね。

それにしても、よくもまぁあんなに色々とゴツイ体を作り出すもんだと思うね。
肉食動物ならわかるけど、草食動物だってオッソロシイがたいしてるよね、みんな。

そいえば、あのティラノザウルスでさえ全身羽毛に覆われてた、って研究が発表されてて、思わず、ムフフってなっちゃったけど、反証研究もでてきたり、ホントの所はどっちなんだろね?
希望としては、獰猛な肉食獣はウロコ肌であって欲しいけどね(*^_^*)

4位 クラゲ

癒されるわ~~~~、クラゲ。

とにかく、いろんな種類があるんだよね。
そのどれもが、時間の流れが止まった様な、ゆったりとふわふわと漂う姿は、嫌なこともなんもかも忘れさせてくれる。

たま~~にしか行かないけど、水族館ではクラゲ見てる時間長いかな。

水質管理など、飼うのがとても難しいらしいけど、家で飼えたらいいのにな。、

3位 シロクマ(ホッキョクグマ)

正式名称はホッキョクグマだそうです。

極地の生物はどれも好きなんで(前述のペンギンとか)、TVなどでドキュメンタリーやってるとよく観るんだけど、ホッキョクグマの特集は、どれも哀愁漂ってるんですよね。
というのも、近年の温暖化により、南極での餌不足で、狩りが思う様にいかず、やせ衰えていくホッキョクグマが多いんですよぉ。

同情します。

そして、もの悲しいのはオス!

1匹のメスの為に、文字通り血みどろになって闘って(色が白いので、鮮血が一層目立つ)、やっと意中のメスをモノにしたオス。

お幸せに~~~!
と思ってたら....

目的の営み(交尾)をした後、メスが素っ気ない。
で、オスは追い出されちゃう、という。
あんな血まみれになって闘って、やっとおつきあいできると思ってたら、1発しかやらせてくれない!(下品な表現ですんません)なんて...
そりゃねぇぜ!オレはただの精子工場かよ!?って思っちゃうよね。

えっ?そこかよ?って?

思わず心の中で叫んじゃいます
「ホッキョクグマよ、頑張れ!p(^^)q(特にオス)」と。

2位 深海生物

奇妙なものが好きです。σ(^◇^;)
実在する奇妙な生き物と言えば“深海に生きる生物たち”
3年前に行った「深海展」は楽しかったぁヽ(^。^)丿
特に奇妙なのは「デメニギス」
顔に付いてる2つの黒い点、目かと思ったら、実は鼻。
目は、脳みその上?にある緑の玉。


ボク自身は深海へ行けないので、映像でしか見ることは出来ないけど、デメニギスだけでない、奇妙な生き物がこんなにいっぱい
見てて飽きないわ~~~σ(^◇^;)

1位. チーター

と~~~にかく、かっこいい!
あのスタイル!、あのスピード!あのしなやかな走り姿。

猫科の爪は、普段肉球の間に収まってて、必要な時だけ出す構造になってるらしいが(ウチの猫はフミフミの時、爪出したままやるんで痛くてたまらんが)、チータは、より速く走るために、猫科の中では唯一、爪は出しっぱなしと言うことらしい。
普段の生活にゃぁ不便ぢゃが、正に、速く走ることに特化した体。
乗り降りがしづらく、シート上で体を動かせない、荷物も載せられない、ポルシェの様な?

あの加速、トップスピードのまま縦横無尽に曲がれる走り。
それ故、長距離は全くダメ。
そういう一点に特化した生き物(生き物に限らず?)って魅力的ですよね。

よくライオンが百獣の王なんて言われてるけど、全然チータの方が優秀だよね。

そもそもライオンってそんなに強いの?って思ってる、ここだけの話。
よくライバルと言われてるハイエナより狩りは下手だし、なんとか捕まえた獲物も簡単に(ではないかもしれないが)盗られちゃうし。

まぁ、そう言うチータも(チータ本人は何も言ってないが)、持久力皆無なんで、獲物捕らえた直後はゼェゼェいっちゃって、肝心の食事にも食前休憩要る程だけど(ーー;)
良くも悪くもスペシャリスト!

ジェネラリスト(オールラウンダー)より、スペシャリストに憧れるShimaQでしたっ!(^ω^)

おわりに

ってな感じで、気まぐれ番外テーマでお送りしました。

元々は、この所自転車ネタが多くを占め、昔ながらの読者(居るんか?そんなん)向けにと、息抜きテーマを挟んだ、つもりだったんだけど、自転車も今月は殆ど乗ってなくて、前記事アップ後すぐ書き始めたのに、諸々余裕なくてやっとこアップ。

今回は軽〜いテーマって思ってたけど、結構苦労すますた。
んじゃ (^_-)☆ /~~~

コメント

  1. これまたマニアックなエントリーですね。
    前回のアクセスには私も入ってますよ(^^)
    さかし、ShimaQさんが犬派だったとは意外。
    でもね、やっぱりあの「パパ大好きっ!」ってしっぽぶんぶんふってこられるともう疲れが吹っ飛ぶんですよね。
    拙宅のトイプーちゃんは2年半前に亡くなっちゃって寂しいんですが、またそのうちいっしょに暮らしたいなーと思います。

    Kachi//

    • > ShimaQさんが犬派だったとは意外。
      そうなんですよぉ〜、小学校の時、わんこ飼ってて、いい遊び相手でした。
      以後、大人になっても、散歩中のワンコとよく遊ばせてもらってましたよ。
      最近は色々トラブルの元なのか、散歩中のワンコも、他人が近づくと飼い主がグーーっとリード引いちゃって、ちょっと寂しい。( i _ i )

      それが気がついたら猫派に(゚o゚;;
      親戚の犬大好きなおじさんが、昔は猫派だったと最近知って、どっかで入れ替わったのかと?

      トイプー飼われてたんですね。
      ぬいぐるみみたいでキャワユイ!
      和犬も良いですよ〜〜、豆柴とか(^-^)

タイトルとURLをコピーしました