Qブログ →  旧 今日この頃 2007~2018  旧HP foxtail 2000~2009  茶々と不二子はチーかま大好き

Yakult Swallows ペナント優勝を振り返る。

2年連続最下位!
強力打線とお世辞を言われるも、ファンの間では、ヤ戦病院とか投壊などと呼ばれ、大いに失望させられた我がスワローズ。
 
せめて、今年は最下位だけは勘弁!との願いも、評論家は軒並み最下位予想(T^T)
評論家25人中、1位予想はおろか、Aクラス予想はゼロだったそうな。

開幕!

阪神に3連敗!!
殺今年のペナントはオワターーー\(-o-)/

が、その後持ち直して、ずっとAクラスに居座り続けられたのは、
1.去年までの投壊とはうってかわって、先発陣の踏ん張り
2.1番塩見の定着、2or6番ムーチョの好調、途中参加の両外国人がハマった
3.移籍組(トレードや他球団で戦力外となった)選手の活躍
と見ている。

ただ、せっかく先発投手がQSしてても、中継ぎ陣が打たれたり、打線がしんみりだったりという試合が続いき、ずっと3位に甘んじてたが歯がゆかったね。。

一時は、新人佐藤輝明の大活躍で、独走状態だった阪神さんと、自力のある巨人さんとの3強からトップに躍り出たのは
1.中日戦での理不尽なミスジャッジに対する高津監督の猛抗議で結束強まった
2.中継ぎリリーフの安定感
3.野手のいつでも全力疾走
ではないかと見ている
 
そして、マジック点灯からの足踏み状態。
正に、産みの苦しみってやつですか?
阪神さんの猛追に、もしかしたら、やられちゃうかも?と心配しましたが、最後は、ロッカールームに貼られた、高津監督自筆の「腹くくっていったれい!」かなぁ。

※以上、個人の感想です

‘19年シーズン、ノムさんに「最下位とは情けない!」とゲキを飛ばされ、翌年就任した野村チルドレンの高津監督でも最下位、と天国で悲しんでたであろうノムさんも喜んでくれてるんじゃないかな?
昨シーズン、今シーズンも当初は、その采配に疑問視もしたけど、選手のモチベーション上げるのはとてもうまかったよね。

‘90年代の野村監督下での黄金時代とはいかないまでも、来年以降もこの調子で願いたいものだ。

その前に、日本シリーズ、いやクライマックスシリーズだな。
んじゃ (^_-)☆ /~~~

コメント

  1. ヤクルト優勝おめでとうございます、よかったですね〜
    以前にどこかで書いたような気がしますが、私が通っていた中学校のすぐ近く、通学路上にヤクルトの工場がありまして、ヤクルトが優勝すると工場の門の前でヤクルトとかジョアとか配っていましたよ。
    もう工場は無くなっちゃったけど、懐かしい思い出です。

    Kachi//

    • Kachiさん、優勝感謝ブログへようこそ☺️

      > ヤクルト優勝おめでとうございます、よかったですね〜
      ありがとうございます。

      > ヤクルトが優勝すると工場の門の前でヤクルトとかジョアとか配っていましたよ。
      それは、ヤクルト・スワローズ・ファンになるっきゃない!
      今からでも遅くないので、是非我がスワローズ を宜しく!

タイトルとURLをコピーしました