「ShimaQの今日この頃」は2020年からこちらに引っ越しました。以前のブログへはこちらをクリック

チックコリア氏も逝ってしまった!(T^T)

昨日、2/11はノムさん(野村克也氏)の命日、ということで、1年前のノムさんの訃報に暫く気落ちしていたことなどを思い出していました。
一夜明けて(と言っても、日は高く昇って10時近かったですが)、飛び込んできたショッキングなニュースは、森氏後任の川渕さん一転会長職受諾しないでもなく、NHKの近江友里恵アナの退職報告でもなく、まして、東京都で新たに307人の感染確認でもなく...

「チック・コリア氏、がんで死去 ジャズ界の巨匠」
特殊な癌だったんですね。亡くなられたのは9日とのこと。
79歳かぁ....

巨匠と言っても、つい最近まで斬新で、若々しく、ファンタジックだったチック。
大好きでした。

「ボクの一番好きなジャズ・ミュージシャン」と公言はしたことないし、自分でも強く意識したことはなかったけど、
14年前に書いた「ShimaQの勝手にランキング Jazz Album編」では、ベスト10にチックアルバムが2枚(「THREE QUARTETS」と「Now He Sings,Now He Sobs」)も入ってるし、更にさかのぼって、21年前に書いた「洋楽アルバム編」では、3位に「MAD HATTER」が入ってる。
気がつくと、井上陽水のセットモノを除けば、一番多くアルバム持ってるミュージシャンになってる(はず:未確認)。

と言うわけで、今日のBGMは、チックコリアを片っ端から....
と言っても、電話対応やらちょっと外出やらで、何枚も聴けなかったけど...

改めて聴くと、やっぱいいよね~~~。
アコースティックも電気多用も!
JazzもFusionも!

出来れば、アナログレコードも聴きたい。
「Now He Sings,Now He Sobs」と「Return to Forever」はCDも持ってるし、「MAD HATTER」はMDにダビングしてるからいいけど、「妖精」とゲイリーバートンとの「CLyric Suite for Sextet」はターンテーブルが故障してる今となっては、聴けないんだよなぁ

あと、レンタルレコードからダビングしたカセットテープがあるはず(^◇^;)

生で一度も聴けなかったのは残念至極。

去年のノムさんロスほどではないかもだけど、暫くはチック・ロス & 追悼CD鑑賞が続きそうぢゃ
んじゃ 。゚(゚´ω`゚)゚。☆/~~~

コメント

  1. あまりに突然でした、本当に残念です
    先日はロッコ、ティムボガードとミュージシャンが次々に、悲しいですね

    • あるふぁさん、はじめまして。
      コメントありがとうございます。

      ホントに突然でしたよね。
      特に昔から長いことずっと聴いててきたミュージシャンが亡くなっていくのは悲しいですね。まだまだ聴きたいのに...(T^T)

  2. 残念ですよね、ホントに。
    昨年はショーン・コネリーさん、今年は森山周一郎さん、そしてチック・コリアさん。
    私たちの青春を華やかに彩ってくれた人たちがいなくなるのはやるせないですねぇ。
    Rest In Peace 😢

    Kachi//

    • Kachiさん、こんばんわ。

      年齢を聞けば、人はいつか死ぬものだし、嘆いても致し方ない

      と、理屈では片付けられないんですよねぇ。

      > 私たちの青春を華やかに彩ってくれた人たちがいなくなるのはやるせないですねぇ。
      ですよねぇ。゚(゚´ω`゚)゚。

      > Rest In Peace 😢
      あっ、この言い回し、知りませんでした(恥)

タイトルとURLをコピーしました