「ShimaQの今日この頃」は2020年からこちらに引っ越しました。以前のブログへはこちらをクリック

【シリーズ・きっかけはこの1枚】 #2 プログレッシブ・ロック

はい!
当ブログの一番不人気な音楽ネタです。
7月は、【個人的回顧録・きっかけはこの1枚シリーズ】です。
 
すっかりフォークソングにのめり込んだボクのその後です。
 
毎週のTV神奈川「ヤング・インパルス」
高2・1976年春頃でしょうか?
その回は「プログレッシブ・ロック大会」
プップロ?
あんじゃそりゃ?
出てきたのは、クロニクル、コスモス・ファクトリー、ファー・イースト・ファミリー・バンドという日本のロックバンド3組。

うっ、うお!なんだこの奇々怪界な音は!?
今までオイラの聴いてた音楽ってなんだったんだ!?
 
一発でノックアウト!

早速、買ってまいりやした、一番気になったコスモス・ファクトリー ♪
「Black Hole」

 
ハマリましたねぇ。
続いて「謎のコスモス号」も購入。
この中の「海」が、後に、映画「キル・ビル」でBGMとして流れてきてびっくり。

ライブにも1度だけ出かけた。

クロニクルやファーイースト・ファミリーバンド(キーボードは後の「喜多郎」)のLPも買ってきて、毎夜...
(何故か、四人囃子はレコード店で何度も手に取るも、結局買わず)
 
ただ、コスモスファクトリーは、その後、脱プログレ?ストレートなハードロックへと方向転換。
 
そして、これを機に、ボクの音楽鑑賞は本場海外のグループへ。

EL&P、ムーディーブルースから入り、ピンク・フロイド、イエス、そして、キング・クリムゾン!
カンサスとか、タンジェリンドリーム、ジェネシス、キャメル
ついこの前までフォークソング少年だったオイラが、179°方向転換?
ピンクフロイドの「狂気」ドクンドクン ...
最初の心臓音がどのように聞こえるか?
なんてのも、オーディオマニアには、話題に上りました。
この中でも、1番のお気には、キング・クリムゾン
今でも大好きで、よく聴いてます。
 
元々、初めて国内プログレで気に入ったのは、コスモス・ファクトリー
両バンドに共通なのは、ヘヴィーサウンド。
重苦しい。


 
で、プログレ以外のロックでヘヴィーなものを聴き始める。
 

黒魔術的なブラック・サバス、ユーライア・ヒープ、ちょっとプログレがかったラッシュ

そして、人並みにディープ・パープルという具合に、ポピュラーなハードロックへと。
で、イーグルス、ブルーオイスターカルト、ウィッシュボーンアッシュ、スコーピオンズ、(何故かツェッペリン、クイーンは聴かず)と来て、ビリージョエル、ボズスキャッグスなどのAORも人並みに。
 
どちらかというと、邦楽より洋楽の方が多くなったかな?

#1と比べると、ちと短いですが、ボクがロック、洋楽を聴く様になったいきさつを書いてみました。

高校卒業後も、洋楽中心に音楽三昧。
 
聴くものは電気サウンドばかりということもあって、ギターは弾かなくなったかな?
ただ、オーディオは、着実にアップグレード?
高3の秋頃にはカセットデッキとFMチューナーも揃って、TVよりステレオを聴いてる時間の方が長くなったかも。
 
そんなFMから聴こえてきたあるグループのサウンド。
これまたボクの聴くジャンルを変えました。
 
 
その話は次回
んじゃ (^_-)☆ /~~~
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました